光脱毛の痛みを減らす方法ってあるの?

光脱毛(フラッシュ脱毛/IPL脱毛)の仕組みとは?

 

光脱毛は、毛根のメラニン色素に反応して光を照射し、毛根にダメージを与えていきます

 

 

施術前には、なるべく毛を短く剃らないと、光が毛根のメラニン色素に上手く反応せず、無駄に毛全体に反応してしまいます。毛根はあまりダメージを受けないので、効果が得られなくなってしまいます。

 

肌と毛の色にあまり差が無い場合も、光が肌にまで反応してしまい、これも効果が得られません。さらに、光が分散して肌自体にダメージが与えられ、痛みをより感じやすくなります

 

よく脱毛エステの注意事項に、「日焼けをしないでください」というフレーズがあります。勿論、日焼けによって肌が敏感になった状態では、光の照射をした際、肌トラブルの原因になるからということもありますが、肌が白くて毛が黒い方が、光の反応も良いという理由もあるのです。

 

また、毛の太さによって、光の照射量が変わります。太い毛が生えている、「ワキ」や「Vライン」「Iライン」は光の照射量を強くしないと、ダメージを与えることができません。光の照射量が強いと、勿論その分ダメージが大きいので痛みも強く感じます

 

少しでも痛みを減らすにはどうしたらいいの?

痛みをより感じてしまう原因は、大きく下記の2点です。

  • 毛の太さ
  • 肌の色素沈着

これを改善してあげれば、光の出力を抑えることができるので、痛みを軽減することができます。
実は、日々の肌の保湿ケアと自己処理方法で「毛の太さ」も「肌の色素沈着」も改善できるって知ってましたか??

毛抜きによる自己処理を今すぐ止めましょう!!

毛抜きを使って毛を無理やり抜くと、その毛穴に細菌が入り赤く腫れてしまいます。ダメージを受けた肌は強くなろうと、硬くなっていきます。そこにまた毛が内側から生えてくると、毛穴の表面が硬すぎて、表に出ることができず、「埋没毛」といわれる、黒いブツブツになってしまいます。それでも、毛は必死に肌の表面に出たいので、毛自体がどんどん太く、強くなろうと頑張ってしまいます。

 

この悪循環で、肌はブツブツで肌荒れによる色素沈着もして、毛は太く濃いものになってしまい、結果、光脱毛をする際、光の出力を上げなくてはいけないので、痛みが大きくなってしまいます。

 

十分に肌を保湿してあげましょう!!

肌がブツブツと硬くなってしまっても、日々十分に保湿をしてあげることで柔らかくなってきます。柔らかくなれば、毛も無理して生える必要がなくなるので、それ以上太くなることはありません。また、肌自体が元気を取り戻すので、肌が生まれ変わりやすくなり、色素沈着した皮膚も次第に薄れていきます

 

特に、脱毛処理した後は、肌が乾燥しやすく、十分に保湿ができていないと、せっかくダメージを受けて少しずつ毛が細くなっていこうとしているのに、また太くなってしまい、脱毛効果が無くなっちゃいます。日々の肌の保湿ケアをしっかり行えば、脱毛の痛みも抑えられ、脱毛効果も早く、毛が無くなった後あらわになる肌もスベスベですよ!!


銀座カラー口コミTOP 最新キャンペーン情報 銀座カラーの口コミ 銀座カラーの評判