脱毛の種類はどんなものがあるの?

 

脱毛の種類は大きく分けると3種類あります。

  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛
  • IPL脱毛

 

脱毛エステサロンで採用されているのは「IPL脱毛」と「レーザー脱毛」です。
「ニードル脱毛」はクリニックでの採用が多いようです。

 

それぞれの特徴をまとめてみました。

 

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛は毛の組織を『破壊』することが目的で脱毛を行う方法です。毛根のメラニン色素だけに熱を与えて反応するレーザーを使用し、内部から脱毛する方法です。クリニックや皮膚科で主に行われいる脱毛方法です。

 

エステの光脱毛より強力なレーザー光で毛の再生機能である毛母・毛乳頭のある幹細胞を破壊するので理論的には永久脱毛といえます。光脱毛よりも照射範囲が狭く、最初の値段も高めです。威力がとても強いため、個人差もありますが部位によっては結構な痛みを伴います

 

ニードル脱毛

電気を使って毛根と毛乳頭に高周波や低周波などの電流を流し、毛の1本1本を焼きながら処理する方法です。肌への負担は少なく、一度施術すると永久性は高い方法です。

 

しかし、施術中の痛みを伴うこと(医療機関で治療を行えば、麻酔を使用することも可能)また、毛穴の一つ一つに針を差し込んでいくため、 脱毛治療時間が長くかかります。

 

今でもこの方法が一番効果的ですが、レーザー脱毛が発達してとても良好な結果が出たために、この激痛が伴ってしかもとても手間と時間がかかるニードル式を行うメリットが無いという事で、ほとんどのクリニックはレーザー脱毛に移行しています。このニードル式を行うには技術もいるため時間もかかり、料金もとても高くなってしまいます。ですが、非常に効果が高いためこちらの方法を選ぶ人もいます。

 

IPL脱毛

フラッシュライトを使った処理法で、毛や毛根付近のメラニン色素に反応させ、ダメージを与える施術法です。

 

エステサロンで主に行われている脱毛方法で、この脱毛方法は医療行為に当たらないためエステサロンでも取り扱われることになりました。
お肌への影響がほとんど無く痛みもあまり感じません。また、施術時間が短時間ですむのが特徴です。

 

しかし、医師でなくても扱える機械なので威力が弱く、この脱毛法は永久脱毛と認められていません。また、実際の効果も個人差があり、もうほとんど生えてこないという人もいれば、あまり効果が無かったという人もいるので、特に毛深い人や毛が濃い人は脱毛の回数が多く必要となってしまいます。


銀座カラー口コミTOP 最新キャンペーン情報 銀座カラーの口コミ 銀座カラーの評判